結婚費用・アイテムの値下げ交渉のコツ~値切れるの?~

しばらく、お金に関する話題が続いていますが
実際に「最も現実的に」考えるべきことであり
必ず、悩むことになるのも「お金」に関することです。

また「満足感」に関しても「後悔」に関しても「お金」という要素は
非常に大きなものになるようであり、結婚式に携わっていると
「お金」が「感情」に与える影響は大きいものだなと感じます。

人間は「得をした」と感じると、全てがうまくいったと感じ
「損をした」と感じると、全てマイナスに映るようです。

「後悔」しないために「お得に」挙げる

後悔するために、結婚式を挙げるカップルはいないはずです。

そのためには、やはり「金銭的なメリット」
感じるような「払った分より満足度の高い」結婚式を
挙げることが、非常に大切なことになってきます。

まずは、会場を決定する時点で「お得に」なる
「お得な」会場を選ぶ・選び方をする必要があります。

>>トータルでお得な結婚式場の探し方

>>元プランナーによるおススメの式場ランキング

しかし、本当の勝負は「会場決定後」の準備段階であり
「アイテム」「オプション」と言われるものを選び
「総費用」が膨らんできてからが本番なのです。

「値切れるもの」と「値切れないもの」

前提として「結婚式」は提供する側からすれば
「ビジネス」であり、利益を出さなければならないため
一定額以上の値下げは、することができません。

また「会場費」等は、後から値引き出来ないものであり
最初の段階で「お得な」プランを選ぶ必要があります。

しかし「結婚式」に関わる商品の「売り買い」は
「値切る」ことが出来ることも多く
「車」等を購入する祭と同じく「オプション」等を絡め
話し合いで「値切れる」ものに関して
うまく交渉していくことが大切になります。

「値切れる」場合にも、やり過ぎ厳禁

「値切る」という、通常のお買い物では出来ない
「交渉」の余地がある場合もあるため
過剰な値下げを要求するカップルもいらっしゃいます。

しかし、そういったカップルはトータルで必ず損をすることになります。

例えば、

会場が提携している写真屋さんでアルバムを注文する祭
(90%以上のカップルが提携会社でアルバムを注文します)
過剰な値下げを要求した場合「ケチな客」=「嫌な客」
となり、当日は「下手なカメラマン」を回す可能性があります。

リアルな話ですが、、、

「売っている側も人間である」

ということを忘れないようにしましょう。

逆に「いいカップル」という印象をつければ
「うまいカメラマン」をつけてくれる可能性もあります。

せっかくなら、いい写真を撮ってもらいたいですよね。

じゃあ、どうやって「値引き」してもらう?

あらゆる面で「出来るだけうまく」値引きしてもらうには
やはり一般的な買い物と同じく「まとめ買い」です。

まずは、買い物を「一社に集中する」ことです。

同じ商品を売っている会社が2社ある場合
必ず片方の会社で「全ての関連商品」を注文します。

と見せかけます。

そして「全て貴社で購入します」という姿勢を見せつつ
別の会社の商品の値段を伺います。

あれはこっちの方が安いけど、あれば高い・・・
などといった場合には、決めた方の会社の商品選ぶ「風に」見せ

「これはあっちの会社の方が安かったんんですけど・・・」

といった、ような交渉を見せれば
「トータル」では、ほぼ100%安くなります。

この「トータルで」というのは、非常に重要になります。

そもそも、最安値のアイテムを寄せ集めた場合
「質が落ちる」等の弊害が現れることが非常に多いです。

「G○P」「ユ○クロ」「U○」「しま○ら」で
「トップス」「ボトムス」「シューズ」「ハット」を
それぞれ最安値でコーディネートした服装を想像して下さい。

「それはどうかと・・・」となるはずです。

それならば、どれかいつのお店の商品で
「トータルコーディネート」した方がいいはずです。(例えが下手で申し訳ありません・・・)

トータルで安くなるだけで、御の字なのです。

「おまけ」をつけてもらう

また、もともと1社しかないアイテムの会社や
値下げが難しいアイテムで、値下げ交渉をしていると

「お値段そのままなんですが・・・これを付けます」

というケースが非常に多くなります。

「おまけ」をしてもらえる、ということは
見方を買えれば、その分得をしたということです。

しかし、提示されたおまけが「いらない」ものである場合
「こっちをおまけにしてくれるのなら」という
「別のおまけ」を催促するという手も「あり」になります。

「プランナー」に相談してみる

また「ホントに欲しいけどお金が・・・」という切実な場合
「心の底から値下げして欲しい」という場合には
後悔しないためにも「担当プランナー」に相談してみましょう。

「あの会社のあの商品が欲しい!」「でも予算が足りない!」
ということを、熱意を持って伝えましょう。

実は「裏から」手を回してもらえることも多いです。

上記したように、プランナーもまた人間であり
「何らかの方法」で、値下げしてくれることもあります。

ちなみに「何らかの方法」とは・・・

大口案件(お金持ちカップル)が来た場合
優先的にその会社に回す、といったことや
会場が、その会社の「値引きによるマイナス」を補填する
などといったことになります。

そういった時のために「値下げ出来ない」項目が
設定されているため、前向きに相談してみましょう。

「最終的にプランナーに頼る」という裏技を使うためにも
プランナーとは、「いい関係」を作っておくことをおススメします。