ブーケトスはしない方がいい?代わりの演出は?ブロッコリーも!?

結婚式当日に、

花嫁が行う演出の中でも

「結婚式と言えばこれ!」

というものに「ブーケトス」があると思います。

「結婚式の象徴」とも言えるこのイベントは
基本的には「挙式終了直後」もしくは
「全員集合写真の撮影の後」に行うことが一般的です。

ある意味で「お約束」とも考えられているイベントですが
昨今の「晩婚化」も影響し、やるべきか・やらないべきか
慎重に考える必要が発生してしまったことが現実です。

ブーケトスに群がるのは恥ずかしい?

このブーケトスに関して、広く知られている「言い伝え」に

「キャッチした女性が、次の花嫁になる」ということが言われています。

そのため、若い女性の方や
お付き合いしている人がいる女性の場合は
キャッチすることが、嬉しいことになりますが
冒頭でも述べた通り「晩婚化」が進んでいるということは
「ある程度お年を召している」独身女性のゲストも、少なくないことが現実です。

その結果「余計なお世話なんだけど・・・」という
女性は意外にも多く、ブーケトスのために集まるのを
躊躇してしまう女性も多いようです。

そんな、あまり深く考えなくても・・・と
つい思ってしまいますが、冗談ではないようです。

そういった事情もあり、最近では

「未婚の女性はお集まりくださーい!」

というようなアナウンスは、しなくなっている傾向があります。

で、代わりの演出は?

そういった流れから、ブーケトスに代わる演出が考えられた結果
「ブーケプルズ」を導入するカップルも増えているようです。

ブーケプルズとは、ブーケから複数のひもを伸ばし
その中の1本だけブーケにつながっている
「くじ引き」のような仕組みになっているものです。

しかしながら、実はこのブーケプルズは

ブーケトスよりも評判が悪いです。。。

ブーケプルズは、披露宴内で行われる等
「タイミングが自由」なことも特徴ですが
「ひもの数」だけ、女性の中から指名することになります。

その結果として、、、

「大勢のゲストの前で名前を呼ばれて恥ずかしかった」

という女性は非常に多くいることが判明しています。

いずれにしても、

配慮が必要な場合もある、ということを考えておきましょう。

そもそも「女性」じゃなくてもいい

そもそもブーケトスは、女性限定にする必要はありません。

元々の意味合いとしては

「キャッチした人に幸せが訪れる」

というものであり「次の花嫁~」という意味はありません。

そのため、現在では「男女混合」で行うことも多いです。

また「パラシュートベア」といった
鉄砲から「熊のぬいぐるみ」を、空に向かって発射する
アイテムもあり「ブーケ」にくくる必要もありません。

そして更に、男女を別々に分けるのであれば
女性にはブーケ、男性にはブロッコリーという
「ブロッコリートス」も流行っています。

一番まるくおさまる?

このブロッコリートスは「とりあえずウケる」ものであり
誰が・どこの会場が初めて行ったのかについては分かりませんが
ここ3年ほどで、急速に広まったイベントになります。

また、ブロッコリートスのオプションがない会場であっても
2人で前の日(当日朝)に買っておくという
選択肢もあり「持ち込み料」は取られないはずです。

(実際に、自分達で用意するカップルは多いようです。
進行に組み込むことは、前もって伝えておきましょう。)

ちなみに、キャッチしたゲストの方には
「キュー○ーのマヨネーズ」とセットで
プレゼントすることが、一般的になります。

そこそこウケます。