結婚式場を選びきれない時に「決める」ためのコツ

「挙げたい」「挙げる!」けど「決められない」

結婚式の費用の減少に伴い「挙げやすく」なってきてはいるものの
「そもそもどこで挙げるか決まらない・選べない」といったカップルが増えているようです。

それもそのはずであり、結婚式を行うことが出来る施設は
年々増え続けており、結婚式を挙げるカップルと比較した際の
割合も「多すぎる」くらいになってきています。

「選択肢が豊富」といったメリットもあることは確かですが
それ以上に「どれが本当にいい・相応しいのか分からない」といった
デメリットがあることも、また確かなことです。

「本当の希望」を明確にしておく

まず最初に、ありきたりなアドバイスになりますが・・・

「結婚式・式場に何を一番求めているのか」

といったことを、明確にしておくことが必要です。

  • チャペルの雰囲気がいい会場がいい
  • 料理にこだわっている・おいしい会場がいい
  • 最先端の演出が出来る会場がいい
  • 「トータル」でリーズナブルに抑えたい

1つだけでも「優先事項」を決めましょう。

そして、まずはその希望に合致する会場をピックアップしてみます。

徐々にと「ハードル」を上げていく

その際に「1つの会場しか当てはまらない」ということは
実際にはないはずであり、1つの優先事項だけであれば
いくつかは、候補が上がるはずです。

そして、それらに更にもう1つ希望を足していったり
「現実的な事情」を加味させていきましょう。

「現実的な」というのは「お金」も当然ですが
「近い」といったことも、重要なことであり
これから先始まる「打ち合わせ」等に
通いやすい会場かどうかは準備に「地味に」影響します。

これはカップルそれぞれ、住んでいる地域・交通手段
お呼びするゲスト等でも、変わってくる要素です。

「妥協ライン」も決めておく

「理想」「希望」を明確にしておくことも大切ですが
「妥協出来る部分」を決めておくことも重要です。

大抵の場合「決まらない」という問題は
「ちょっと不満な部分が目に付く」といったことが多いです。

ここは理想通りなんだけど・・・

この部分が・・・

といった状況になった時のために「ここは目をつぶれる」
いわゆる「妥協ライン」を、前もって決めておきましょう。

とにかく「自分達の目」で見ておく




まだ、自分達で見てもいないのに「候補から外す」ことは
非常にもったいないことになります。

「まずは見てから」取捨選択しましょう。

これは「実はあまりよくなかった・・・」という
「取り返しがつかない」ことを防ぐためでもあり

  • 思ったより良くなかった
  • 見てみたら、意外とよかった

ということは、よくあることです。

また、候補が多すぎて決まらない場合にも
時間が許す限り「ブライダルフェア」「会場見学」に参加し
徹底的にチェック・吟味しておきましょう。

各会場のブライダルフェア・会場見学の予約はコチラから

>>当サイト管理人おススメの会場ランキング

「プロ」に相談してみることも

また、自分達だけで決めるのは不安・・・

会場の人に言いくるめらえてしまうのでないか?

といった不安がある方は「プロ」に相談してみることも
1つの、非常に有効な手段になります。

「ゼクシー」や「マイナビウェディング」といった
大きな代理店には「無料相談」や「会場の提案」といった
お手伝いをしてくれ、何より選択肢が多いです。

「ゼクシー」の公式ページはコチラ

「マイナビウェディング」の公式ページはコチラ

また、結婚式そのものを「プロデュース」する会社も
近年増加傾向にあり「理想に近い」会場
そこで、より「お得に」挙げる方法を紹介してくれます。

>>「代理店」と「プロデュース会社」の違いって?

とにかくまずは、いろいろな会場の
「ブライダルフェア」に参加して、比較できる対象を
増やしていくことが「会場決定」の第一歩です。

ぜひ「結婚準備ブログ」も読んで「シミュレーション」して
「結婚式へのモチベーション」を上げるてみてください!