結婚式を「赤字」にしない・ならない方法~「黒字」はおかしいの?どっちが多い?平均は?~

「結婚式」と「お金」は、切っても切れない関係であり
結婚準備中の悩み・トラブル「全てに絡む」と言っても過言ではない要素です。

お金に困っている・困っていない、という問題ではなく
必ず発生するものであり、お金に関して悩み・決断することは避けられません。

そしてその中でも、結婚式にまつわる「お金がらみ」の
話題には、やはり「黒字」「赤字」の話題が欠かせないものとなります。

スポンサーリンク

「黒字」で「普通の結婚式」は難しい

まず最初に、

基本的には「赤字」です。

赤字分は「持ち出し」と言われることもありますが
「黒字」にするのは、基本的にはなかなか難しいものです。

広く知られていることではありますが、前提として・・・

「結婚式の費用の支払い」は「ご祝儀」に大きく依存します。

一般的に「友人」「会社関係」のゲストは「3万円」が基準ですが
「上司」や「親族」の中には、「5~7万円」を包んでくださる方も珍しくはありません。

そのため「平均4万円」と考え
60名の披露宴で、60×4万円=240万円の想定です。

結婚式費用の平均値が「350万円」であり
これでは「100万円程度」の赤字になります。

100万という数字を0にするのは、現実的には難しいことになります・・・

「普通の結婚式」を「黒字」で挙げるためには
「よっぽどの何か」があるはずです。(両親の援助等)

>>最新の結婚式に関わる費用について詳しく

「とんとん」で終わらせたいけど・・・

しかしながら、長く続く「不景気」の影響もあり
現在のカップルの金銭感覚は、非常にシビアです。

「せっかくだから、深く考えずに使おう!」ではなく
「これからの生活も見据えて」非常に細かく考えながら
全ての準備を進めていく傾向が強くなっています。

「赤字になって当然」ではなく、出来るならば
「せめてとんとん」で挙げられないかと、試行錯誤を続けるカップルも多いです。

でもやっぱり「普通の結婚式」の場合
自力で黒字にするのは、なかなか難しいのです。

「入口」が何よりも重要

すでに準備を始めてしまって「思ったよりもかかる」
焦っているカップル方もいるかもしれませんが・・・

現実には「結婚費用」を最も左右するのは
「準備の入り口」である「会場を決める段階」になります。

どういった「コース」で「プラン」で
その会場に決めるのか、準備を「始める」のかによって
「最終的な費用」は大きく変わります。

>>結婚式の代理店・プロデュース会社の違い

自分達の理想を持ちつつも、どうすれば金額面で
悩まずに済むかを「儲ける」のではなく
「得する」という考えで比べてみましょう。

最近では「相場」よりも「10万」「100万」単位で
お得になる「格安ウェディング」の利用カップルも急増しています。

やはり、昔のようにはいかない時代のようです・・・・

↓おススメの格安ブライダルサービスの2社↓




「総費用」を考慮した場合には・・・
>>「レストランウェディング」がおススメです

定額プランを利用した・・・
>>安心の結婚式場の探し方

すでに準備を始めているカップルは・・・
>>節約したいカップルのための交渉術

「おもてなし」と「感謝」は絶対に忘れない

もちろん、年配のゲスト・親御様の中には
「赤字で当たり前」という考えの方も多いです。

しかし、そういった感覚は
「景気が良かったから」という意見もあり
どちらの心構えがいいかは判断することが出来ません。

ただし「おもてなし」「感謝」といったことは
「伝わらなければ意味がない」ことであり
必ず「伝える努力」をしましょう。

「自分達が楽しむ」ために挙げるのではなく
「ゲストが楽しむ」ことが、何よりです。




スポンサーリンク