式場をお得に選ぶための「会場見学」「ブライダルフェア」にはどうやって参加すればいいの?




結婚式の会場選び・式場決定をする際に、欠かせないものが
「会場」の下見ともいえる「会場見学」「ブライダルフェア」への参加です。

このサイトでは、ことあるごとに「絶対参加すべし!」
その必要性を解説してきましたが、その理由として・・・

まず1つは、単純に「見なければ判断できない」という
言うまでもない、当たり前のことであり
基本的には、結婚式を挙げるカップルは
自分達が挙げる会場に、一度は見学に訪れているはです。

当然のことと言えば、当然のことなのです。

そして、本当に大切なことは・・・

「仲介業者」「プロデュース会社」を通すことで
かなりお得になるということになります。

そして、この「お得な結婚式」を挙げるための
その始まりが、「お得になるための参加方法」であり
近年見られる「結婚費用節約の秘訣」となっています。

スポンサーリンク

受けられる割引・特典は受けるべし!

結婚式を挙げるカップルは、一時期の減少期を経て
徐々に従来の水準まで増えてきていると言われています。

その理由として、結婚式を挙げるための「総費用」が
減少している、価格が下がったことにあります。

「挙げない」理由の多くは「お金」にあったということです。

そして、その理由が「格安ブライダル」の登場であり
その「サービスを受ける始まり」こそが
会場見学や、ブライダルフェアへの参加になるのです。

会場を「紹介」してもらう必要がある

回りくどい説明になりましたが、、、

会場見学・ブライダルに参加する方法としては2つあり
1つは、「直接会場に問い合わせる」という手段です。

目当ての会場の、ホームページを見れば
いつ(ほとんどが土日)フェアを開催しているのか分かり
会場見学の「お問い合わせ」もできるようになっています。

そして、これではお得に挙げることができません。

お得な結婚式を挙げるためには
「仲介業者」や「プロデュース会社」の「紹介」によって
会場見学・ブライダルフェアに参加する必要があります。

現在、結婚式のサービスを提供している
「仲介業者」や「プロデュース会社」というのは
様々な種類があり、年々増え続けています。

特におススメできる会社だけでも、





これだけあり、それぞれに「特徴」があり
どの会社を選ぶかの時点で、迷ってしまいますが
いずれかの、どれかの会社の紹介によって会場を決めることで
お得な「割引」や「キャンペーン」が適用されることになります。

そのための手順としては、
まずはホームページから「無料相談」に訪れ
「カウンセリング」等を受けながら、会社の雰囲気や
専門プランナーの人柄、更に最も重要なサービスを判断します。

そして、「ここがいいかも」となった後
もっと深く掘り下げ、その会社の紹介によって
自分達が候補としたい希望会場の見学に訪れます。

まずは「会社自体」を決めることに関して
迷ってしまうカップルも多いことと思われます。
下記のページも、ぜひ参考にしてみてください。

>>それぞれの会社の特色についての解説ページへ

結果的に「お得な内容」になることがポイント

そして、相談・見学参加は「お得」の始まりに過ぎません。

いずれの会社も「<お得に挙げるため>のお得なプラン」を用意しており
結果的に、大幅に費用を節約することができます。

「ケチった印象」を与えず、節約できることがポイントです。

特に、昨今目立ち始めた格安ウェディングは
非常に「効率的」な準備・判断ができることで
これからも益々、利用者が増えていくと思われます。

>>「スマ婚」「得ナビウェディング」「ハナユメ」の比較

「Hanayume ハナユメ」に関しては
こちらの記事でも詳しく解説しています。

>>結婚式の準備期間を短縮出来て「予算的にも」お得な式場の探し方

最近では、「パック制」に加え「定額制」も導入され
利用者が急激に増えている仲介サービス会社と言えます。

まずはとにかく相談して見学しまくる!

冒頭で、「決める前に見学するのは当たり前のこと」と言いましたが
大切なポイントとして、必ず見学する解消は「1つ」ではなく

「複数」の会場を見学することを心がけましょう。

「比較」は絶対に必要な作業であり

  • 絶対にこの会場がいい!
  • ここじゃなきゃダメ!
  • ここしかありえない!

という考え方は、非常に危険です。

最終的に「決定」するまで迷いましょう。

>>結婚式場を選びきれない時に「決める」ためのコツ

「見るだけはタダ」です。

その際にも、上記の様々な仲介業者・代理店の
専門のプランナーのアドバイスも受けてみましょう。

「行ったから断りずらい」ということはありません。

ぜひ「デート気分」といった、気軽な気持ちで
相談・見学に参加してみてください。