結婚式におけるゲストの満足度って結局何なの?~「過ごしやすさ」だけでなく「来てよかった」と思われる時間を提供する~




結婚式の準備とは、ゲストに喜ばれるための「時間づくり」とも言えます。

当サイトを訪れてくださったカップルの方の中には
「自分達が楽しければ、それでいい!」という人はいないと思われますが・・・

結婚式における、イメージ・希望というのは
ついつい「こうしたい」という、自分達基準の価値観になりがちです。

しかしながら、自分達よりもゲストの数の方が基本的には多いものであり
そもそも「満足度の総量」で考えた際には、ゲストの割合が圧倒的に多いと言えます。

もちろん、自分達が楽しく過ごすことのできる1日も大切であり
ご両親をはじめとして、自分達が幸せであることに対して
幸せを感じてくださる方も多いはずですが、ゲストの満足度を考えた際には
「1人も不快な思いをしない」ということが、大きなキーワードとなります。

スポンサーリンク

「自分達で」1人1人をケアすることは不可能

まず最初に、非常に現実的なお話として
結婚式という1日・披露宴という決められた時間の中で
ゲスト1人1人全員に対して、当日に2人だけの力で満足させることは不可能と言えます。

本来であれば、「会話」をすることによって
直接的にコミュニケーションすることが、最も大切な「演出」です。

>>披露宴は余興を見る時間ではない~ゲストとのふれあいを大切に~

「直接ご挨拶に伺う」ということがベストであり
そのためにできる工夫は、ぜひするべきと言えます。

しかしながら、

披露宴に参加したことなある方であればイメージできると思いますが・・・
「あきらかにほとんどしゃべってない人がいる」ことが当たり前なのです。

それも1人だけではありません。

ただし、これはある程度は仕方がないものであり
「遠い親戚」といった方々というのは、どうしても「ひとくくり」にして
グループに挨拶する程度、ということになるのは珍しくはないことです・・・

  • 会社の方に対する顔色伺い
  • 友人とはしゃぐ

といったことが中心になってしまうことが、
「披露宴における、当たり前の光景」であり
また会社・友人の中でも、対応に差ができてしまうことでしょう。

では一体どうするか、と言うと
「その日にできないこと」は、やはり事前に準備しておくしかありません。

まずは「物理的な満足感」を満たす

第一に、忘れてはいけないことは
「単純な満足感(言い方は悪いかもしれませんが・・・)」としては
やはり、披露宴で出される「料理」が挙げられます。

当サイトでは、繰り返し解説していますが
これは「ご祝儀の対価」として、最も大きな割合と言えます。

そのため、「料理に関してベストを尽くす」ことは欠かせません。

ゲストの「ご祝儀」なしでは、結婚式というのは成り立たず
ゲストの方々のおかげで、結婚式を挙げることができるのです。

決して、「もったいなかった」と思われないためにも
「美味しかった」という、印象を残してもらうことが非常に重要です。

>>披露宴の料理の「相場」はどのくらい?どのメニュー・コースにするべき?

これは「物理的な満足感」とも考えられることであり、
「柔らかい椅子」といったことを言えば、キリがありませんが
物理的な要素による満足感というのは、まず最初にクリアしたい
できるだけ、「過ごしやすい空間」と作ることは大前提になります。

>>結婚式で本当にやるべきおススメの演出とは~面白さ?感動?やっぱりゲストの満足度!~

しかしながら、それだけでは十分ではなく
やはり「気持ち」の面で、「来てよかった」と思われるものを用意しておきたいものです。

「気持ち」に訴えかけることができる準備とは

気持ちに訴えると言っても、受け取り方はゲストによって異なるものであり
またそのための方法というのも、限られているようで、無限にあるようで難しいものです。

「鉄板」とも言えるものとしては・・・非常にいやらしい話にはなりますが
「これ時間かかったろうな」と思われるようなものが、やはり伝えやすいと言えます。

おススメとして、「1人1人への手書きのメッセージ」というのは鉄板です。

「もらった経験がある」という方も多いかもしれませんが、
これは披露宴会場の、ゲスト1人1人の席に用意する
いわゆる「メッセージカード」と呼ばれるものであり

  • 来てくれたことへの感謝
  • その人だけに対する特別な気持ち

を伝えることができるものです。

「声」でなくても、「言葉」で伝えられることはあるはずです。

また面と向かっては恥ずかしいことでも、自分がいない場所で目にするだけであり
「本当に言いたいこと」も、伝えやすいと思われます。

この「手書きのメッセージカード」によるおもてなしは
「みんなすればいいのに」と思っていますが、これが意外と少ない・・・

「忙しい」こともあると思われますが、
やはり、そんなことで?と思われる方も多いのかもしれません。

しかしながら、それを読んだゲストの方が
非常に喜ばれている様子は、私自身が何度も目にしています。

検討しているのであれば、ぜひやるべき!と言えます。

それほど、お金もかかりません・・・

ある意味で、「最もコスパの高い演出」と言えます。

「せっかくの休み」ということを忘れる空間を提供する

お二人の結婚式となる日・時間は、ゲストにとって本来であれば貴重な「休日」なのです。

もしかしたら、それほど親しくないけれど・・・呼ぶことになった方もいるかもしれません。

しかしながら、それでも満足して帰ってもらうことが必要です。

結果的にその人にとって、全てのゲストの方にとって
「いい休日だった」と思われるような経験にすることが大切であり

  • ご祝儀というコスト
  • 休むはずだった時間

こういったことを、考えなくて済むような
「そんなことは忘れてしまう」ような、空間を目指しましょう。