結婚式の主賓挨拶は誰に頼む?




結婚式の披露宴に付き物なのが「主賓挨拶」「スピーチ」です。

「偉い人」がマイクを前にしてお話をするという
「お馴染みのシーン」なのですが
これをめかせるのは誰にするのか・どんな話をされるのかによって
その後の披露宴の雰囲気や進行が変わってきてしまうものです。

一般的な披露宴前半の流れとしては
新郎新婦が入場し、新郎が挨拶をした後に
新郎側主賓挨拶→新婦側主賓挨拶→(乾杯⇔ケーキ)
となるのが「今までの一般的な慣例」でした。

もし、新婦側に主賓がいない場合は
親戚のおじさんが「幼い頃の思い出」を
語るというのもよくありました。

新郎新婦とも「バランスよく」ということが
従来は考えられていましたが、現在ではあまり細かいことは気にせず

  • 新郎側主賓挨拶→新婦側主賓乾杯
  • 新郎側主賓挨拶×2→新郎新婦のキューピット挨拶兼乾杯

など、「バランスが悪くても気にしない」カップルが増えています。

新郎の仕事の関係上、
新郎側主賓3人→新婦側主賓1人→新郎側乾杯という例もありました。

また、ケーキ⇒乾杯の流れが終った後に
新郎側・新婦側1人ずつ挨拶ではなく、スピーチをすることもあります。

お願いする相手というのは、「基本的に誰でもいい」のですが
ほとんどの場合、お呼びした会社関係の方の一番序列が高い人に
「主賓挨拶」「乾杯」のどちらかをしていただきます。

特に管理職になる年齢の方たちは挨拶の順序などを
まだ「気にする」傾向があります。

スポンサーリンク

挨拶・スピーチの内容

基本的には挨拶の中では新郎・新婦のことを褒めます。

「普段褒められたことが無い」

という新郎様でも、褒められていました。

流石に上司となる人は、慣れているようです。

主賓挨拶で一番避けたい事態が「長い」ということです。

披露宴は「通常2時間30分」の会場が多く、時間が限られています。

何よりも乾杯・前菜前の段階で
ゲストの方々は喉が渇き、お腹がすいています。

挨拶を頂く方には
「5分前後で」ということを必ず伝えましょう。

また、言ってはいけないことや
極端に下品なことをつい言ってしまう方もいます。

余興であれば、違う人を選べますが
主賓に値する人に関しては変えることができません。

中には前日までにご挨拶を下さる方と一緒に
内容を考えるという方もいらっしゃいました。

何か言われたくないことがあったりした場合や
喋り始めると調子に乗ってしまう人の場合は

念押しをしておいてもいいと思います。