結婚式の準備はいつから?準備期間はどのくらい?

結婚式の準備期間は、カップルによって差もありますが
平均としては、およそ半年~10ヶ月となっています。

長いカップルでは、挙式の1年以上前から打ち合わせを繰り返し
じっくりと準備を繰り返して、万全な状態で当日を迎えたいというカップルもいます。

また、最初はする予定はなかったけれど
プロポーズをして(されて)→ご両家のご両親に報告。

そのタイミングで

「式はどうするの?」

と言われることも多いはずであり、
そこから改めて、あるいは急いで考えるカップルも珍しくありません。

スポンサーリンク

「やらない予定」が変更になることも

プロポーズの時点で、会場まで決めているカップルも

いるかもしれませんが、非常に少ないと思いますし
「やらなくてもいいか。。」と思っていたカップルであっても
親御様に説得されて「やることになった」というケースはとても多いです。

世代的にも、ご両親は結婚式をやっていることがとても多いので
挙げることを進めることが多いと思います。

会場を慎重に・早めに決める

そこから会場を探しが始まるわけですが
できれば半年前には会場を決めて、準備を始めていきたいです。

必ずウェディンフェア・会場見学に参加してから

正直に言うと、半年前では少し遅いです。。。

人気の会場などはもっと早く予約しないと
「希望日にできない」ということもあります。

また、ウェディングプランナーとの打ち合わせの日に
仕事が入ってしまったり、急に予定が入ってしまったりして
打ち合わせが思っていたよりも時間がかかる場合も考えて
準備期間には余裕を持って進めていきましょう。



また、結婚式をやると決めた時点で
「妊娠している」といった事情によっても異なります。

最近は、まったく珍しくないため
しっかりと相談して、より早め早めに準備しましょう。

お腹が大きい状態や、目立つ前にやりたい
準備期間2、3ヶ月で挙式をすることは
難しいですが出来なくも無く、そういった条件を
売りにしているプロデュース会社もあります。

出産してから改めて考えたいという方でも
親子3人で高砂(新郎新婦)の席に座る、ということも珍しくありません。

最後に、忘れてはならないことに
「ゲストの都合」というものもあります。

特に忙しい職場などでは、余裕を持って報告し
呼びたい方、呼ぶべき方が出席できるように
スケジュールに融通がつく期間を設けましょう。

>>結婚式の代理店はどの会社にする?

>>プロポーズから式当日までをシミュレート

↓↓「早い」「楽」そして「リーズナブル」の
↓↓三拍子揃った、今大注目の仲介サービス




スポンサーリンク