結婚式で本当にやるべきおススメの演出とは~面白さ?感動?やっぱりゲストの満足度!~

挙式・披露宴の内容を決めていく際には
「絶対に必要な進行内容・オプション」を決めていくと同時に、

  • やってもやらなくてもいいこと
  • つけてもつけなくてもいいオプション・演出

というものも決めていかなければなりません。

結婚準備における、よく耳にする話題に
「最初聞いた金額と最終的な金額が違う」というものがあります。

この件に関しては、最初に最低金額を提示して
その後に追加されるオプションで、金額も増えていく現象というのは
以前はどの式場で行われていた、確かに「よくあること」でした。

最低金額・平均値と最終金額は、乖離があって当然のことですが
「せこい!」という声から、現在では最初に「目安」を提示してくれるはずです。

自分達が希望する内容を伝えることで、「だいたいこれくらいになります。」と
最初の段階で、比較的明確に教えてくれる式場が大半です。

ご心配なきよう。(どうしても教えてくれない会場は、ぜひやめましょう!)

そして、その際の

「どのオプションを選択してどのオプションは捨てていく」

に関しては、カップルそれぞれの嗜好によるものと言えるものであり
最終的には本人達の自由ですが、ここでは個人的な「本心」で
「やるべき・やったほうがいいよ」というものを紹介していきます。

スポンサーリンク

「これはやったほうがいい」オプション・演出

できれば、というより「やるべき」演出として・・・

フラワーシャワー

まず、一番欠かして欲しくないものが
教会式での「フラワーシャワー」です。

これは「よりお祝いしてもらっているという気持ちが高まる」
ということ以外にも、一生記録に残るスナップカメラマンが撮る
アルバムに入ることとなる「写真写り」にも大きく関係します。

フラワーシャワーが「ある」のと「ない」のとでは、印象が全く違います。

オプションとしてはおそらく、5000円~という会場が
多いと思いますが、ここはケチらないで欲しいところです。

「稀に」やらないカップルもいますが
ウェディングプランナーからしても、ゲストからしても
えっ?やんないの?」と思ってしまうのが正直なところです。

ウェルカムドリンク

挙式から披露宴に移るあいだの時間に
新婦はベールを外したりするため、ゲストの方々には
少しお待ちいただくことになります。

その際に提供するドリンクを「ウェルカムドリンク」といいます。

ウェルカムドリンクがセットになっている会場もありますが
そうでない場合でも、「おもてなし」の意味をこめて、用意しておきたいものです。

新郎新婦別中座

少し前の披露宴は、中座(お色直のための退場)の際
新郎新婦が一緒に退場することが通常でしたが
最近では別々(通常は新婦が先)に退場することが
「イベント」「演出」として流行っています。

その際に「エスコート」役として、自分音好きな人を選び
退場することで、お父様と新婦が歩く
ヴァージンロード」のような気分をもう一度
そして新郎も味わうことができます。

プロフィールビデオ

新郎新婦の中座~再入場までの「場つなぎ」の意味もありますが
小さい頃からの新郎新婦の歴史や、ゲストとの思い出を紹介することによって
再入場時に改めて、より一層の祝福を受けることができます。

プロフィールビデオの自作方法

再入場時の演出

再入場といえば、「キャンドルサービス」というイメージもありますが
現在は、テーブル毎に卓上アイテムの色を変える
「ルミファンタジア」など、様々な演出の種類があります。

しかし、稀に再入場からストレートで
高砂まで戻ってしまうことがあり
その場合、少し寂しい印象が残ります。

キャンドルサービスなどは有料オプションではありますが
せめて各卓を回ってゲスト全員と写真を撮る
「各卓写真」だけでもしておくことをおススメします。

※各卓写真も有料の場合と
特に追加料金なしの場合があります。

以上の5点が、よりより結婚式のために
「やるべき」演出・オプションになります。

ぜひ、検討してみてください。

スポンサーリンク










<全身でも>結婚式に向けた花嫁のための脱毛におススメの2社<部分でも>


キャンペーンバナー

ポイントサイト用

ABOUTどんな人が書いてるの?

ウェディングプランナーとしての経験を活かして
「準備の前」から「終わった後」まで、ずっと幸せな気持ちが続くような
最高の結婚式を挙げるための「ちょっとしたコツ」を提供していきます。
現在もブライダルの現場で働き、「最新の結婚式」をレポート中。
>>詳しいプロフィールと「本当に重要なコツ」のまとめ