本当に大切な結婚式場の選び方のポイント

「結婚式をする」と決めた後、まず考えなければならないことが

「どこで挙げるのか?」

とうことであり、当然のことながら
会場が決まらなければ、準備は何も進みません。

そして、この「会場を決める段階」における
「選び方」は、その後の準備の進行・内容に大きな影響を与えると共に
「総費用」という、何よりも重要な要素に対する大きな影響力を持っています。

この点についてあまり深く考えていない
「もったいない」カップルが、非常に多いようです。

一般的に、会場を選ぶための手段としては

  1. ブライダルフェア(会場見学)に参加する
  2. 結婚式のプロデュース会社に相談する

どちらかを必ず経ることになり、どちらかは必ず経由するべきです。

そして最近では①の、最も一般的な方法において
候補会場を訪れる際に「どの仲介サービスを経たのか」によって
大きな差(主に費用面で)が生じる時代となっています。

スポンサーリンク

必ず「フェア」「相談会」に参加する

まず前提として、

稀に、希望する結婚式場に直接問い合わせてしまう人がいますが
「直接問い合わせての予約」は「非常に不利」になります。

その理由として、仲介サービスもしくはプロデュースサービスを
経由することによって、大幅な「特典」「割引」を受けることができるためです。

それは、結婚式場からしても
「安くしてもいいから連れてきて欲しい」という思いがあるためです。(ビジネスですからねー。)

結婚式は、ただえさえ高額な費用がかかりますが
もし、直接問い合わせてしまうことによって
特典や割引を受けない場合、ダイレクトに見積もられることになります。

そこまで悪質なケースは減っていますが
この点、会場やウェディングプランナーは容赦しません。

「取れる人から取る」会場も未だに多いです。

必ず、候補会場の「ブライダルフェア(会場見学)に参加する」
そのために式場仲介サービス、もしくは結婚式のプロデュース会社に相談しましょう。

十万単位、酷い時は百万単位で見積もりが変わってきます。

様々な会場を「見てから」決める

また会場候補は、多いほど比較することができ
客観的な判断がしやすいものになります。

「絶対ここ!」という最初から「一本釣り」の決め方は、おススメできません。

必ず、3か所以上は訪れてみましょう。

ウェディングフェアは、会場ごとに実施日が決まっており
しっかりチェックし「予約」をしてから訪問しましょう。

また、フェアへの参加が難しいという場合には
2人が都合のいい日に「会場見学」に訪れましょう。

時間が許す限り、たくさん見学して「比較」することが大切です。

希望会場のフェア・会場見学情報をチェック

「選び方」から相談する

近年、結婚式場の仲介・紹介会社は非常に増えてきており
それぞれの特色を出したキャンペーンで競い合っています。

また、「プロデュース会社」という
結婚式のトータルプロデュース(簡単に言うと<お手伝い>)を
してくれる会社も、非常に増えてきました。

従来の「結婚式はお金がかかる」というイメージを無くそうと
「価格とクオリティ」を追求している会社も増え
競争の結果、非常に高いサービスを提供できるようになってきました。

仲介会社・プロデュース会社を経由することで
各会場のブライダルフェアに参加してから予約するよりも
圧倒的にリーズナブルになる、という現象も増えてきています。

>>結婚式の仲介サービス・プロデュースを行っている会社の紹介

結婚式場を決める上で、最も大切なことは
あらゆることを「比べて」みることです。

お金だけではなく、働いているスタッフの質や
ウェディングプランナーだけではない、接客サービスの質
そして、肌で感じる雰囲気も各会場で全く違うはずです。

会場選びが結婚式を制します。

↓↓おススメの結婚式場仲介サービス「ハナユメ」

↓↓「なんとなく見たみたい」ならやっぱり「ゼクシィ」


 

※以下も要チェック!
→→→元プランナーが選ぶ「おススメ会場」ランキング




スポンサーリンク