花嫁の手紙の書き方・長さ・内容のアドバイス

披露宴後半の最大のハイライトシーンといえば
「花嫁の手紙」であり、最大の「魅せ場」でもあります。

結婚式と言えば、花嫁が涙ながらに
手紙を読んでいるシーンを思い浮かべる人も多いと思います。

最近は、手紙を読まない花嫁も増えていますが
今まで言えなかった感謝の気持ちを素直に伝えられる
せっかくの貴重な機会なので、ぜひ読んで欲しいですし
ご両親だけでなく、ゲストの方々も意外と期待しています。

スポンサーリンク

まずは無難な例

まず最初に、とりあえずの「無難な」構成を紹介します。

  1. お越しくださったゲストへお礼を一言
  2. お母様への感謝の言葉(エピソードを交えて)
  3. お父様への感謝の言葉(エピソードを交えて)
  4. おばあ様おじい様、兄弟姉妹へも一言
  5. 結びに新郎のご両親への挨拶

手紙を読んでいる時間は5分~8分が適切です。

10分は少し長いです。

15分は長すぎます。

感動していいた両親や、ゲストも冷めてしまうのが現実です。

言葉は尽きないかもしれませんが、「うまくまとめる」ことも重要です。

ワンランク上の手紙

上記の無難な例で紹介した5つの項目は
言わば「必須」の内容でもあります。

それにプラスアルファ加えることが「心に残る手紙」になります。

鉄板のプラスアルファとして、

  • 幼い頃の両親への気持ちと
    現在の感謝の気持ちの「ギャップ」
  • ネガティブな気持ちからポジティブな気持ちへの「心の成長」
  • 自分の理想の家族像と、育った環境の類似点
  • 新郎に対する一言

あくまで、「いやらしくならなように」気をつけて
「自己陶酔感」は、絶対に出さないようにしましょう。

とはいっても、「計算」もアリです・・・

内容に関して、あまり神経質になることはありませんが
あくまで、「家族」への「感謝の気持ち」を
「シンプル」に「正直」に伝えることを目標としましょう。

最後に、意外と思われるかもしれませんが
「泣かないで読みきること」がコツだったります。

泣くことによって冷めてしまうゲストや
「泣けばそりゃ、、、」と思われることもあります。

何より「何言ってるか分からない」となりがちです。

泣くのは、「花束を渡した後」が「鉄板」です。

「いい結婚式」の花嫁の手紙は

「非常にシンプル」であることも特徴です。

スポンサーリンク










<全身でも>結婚式に向けた花嫁のための脱毛におススメの2社<部分でも>


キャンペーンバナー

ポイントサイト用

ABOUTどんな人が書いてるの?

ウェディングプランナーとしての経験を活かして
「準備の前」から「終わった後」まで、ずっと幸せな気持ちが続くような
最高の結婚式を挙げるための「ちょっとしたコツ」を提供していきます。
現在もブライダルの現場で働き、「最新の結婚式」をレポート中。
>>詳しいプロフィールと「本当に重要なコツ」のまとめ