披露宴や結婚式ごと2回挙げるカップルが増えている




最近増えてきた、新たなスタイルとして
結婚式を2回挙げるカップルが増えています。

「え?何でそんなこと」と思う人もいると思いますが
様々な事情や、時代の流れからも「一生に一度の大舞台」という感覚ではなく
もっと手軽に・回数を分けて、という挙げ方は珍しくはないものとなっており
「楽しみを二倍に」という考え方から、「二回に分けた方が、参加者にとってもいい」という
現実的な考え方としても、徐々に一般的なものとなってきています。

スポンサーリンク

2回挙げるハードルが低くなった

「結婚式を2回」と聞くと、まず単純な疑問として

お金は?予算は?

どうやって捻出してるの?

ということを思う方が多いと思います。

しかし、金銭面・予算面を考えると
昔に比べて、結婚式自体の価格が「かなり」下がっており
また2回挙げたとしても、「まるまる2回分」とはなりません。

1回分の結婚式に、「プラス半額以下」で
2回挙げてしまうことは、現実的に可能です。

もちろん、金額は内容によって決まるものであり
「完璧な結婚式を2回」というのは、難しいかもしれませんが

  • どちらかは披露宴だけ
  • ドレス・メイクは自前

といったように、「食事会の場所だけ借りる」という感覚で
「ウェディングパーティー」を開くこともできますし
仮に両方ともそういったスタイルであれば
「1回分」よりも、リーズナブルに仕上げることも可能です。

2回挙げるカップルはどんな結婚式を挙げるの?

実際に、結婚式(式・披露宴・式披露宴)を挙げるカップルが
どのようにして、2回に分けているかというと・・・

予算全体の3分の1で「家族婚」を挙げ

残りの3分の2で「一般的な結婚式」を挙げる

というケースが多く見られるものとなっていますが
徐々に、その内容・コンセプトもバリエーションが増えてきています。

↓↓2回目の「ウェディングパーティー」にぜひ!
↓↓1.5次会・2次会の利用者も「鉄板」となっています。

様々な工夫ができる2回に分けた結婚式

2回挙げる場合に考えられるパターンとしては、

  • 1回目・・・家族・親戚のみ
    2回目・・・会社の方・友人
  • 1回目・・・家族・親戚と会社の方
    2回目・・・友人のみ
  • 1回目・・・家族・上司・ごく親しい友人
    2回目・・・同僚・友人たくさん

以上の3パターンが主流です。

共通していることは、1回目はあくまで「形式上」の結婚式ということです。

ご家庭によっては

  • ホテルでないとダメ
  • 神社でないとダメ

という「カタチ」を重要視するご両親もいらっしゃり
ご両親の意向を優先しなければならなく
「自分達の好きなようにできない」というカップルもいます。

そういった場合に、両家の意見を優先したものを1度挙げ
2回目は「自分達の好きなようにする」という
「1回目にはできなかったことをやる」パターンも多いです。

また、2回目の結婚式に関しては
「披露宴のみ」というカップルも多いですが
1回目の挙式が自分達の希望の場所でなかった場合
改めて「挙式」を行う「普通の結婚式」にしているカップルも珍しくありません。

やっぱり好きなようにしたほうが満足度が高い

両家の家族・親戚のみの披露宴では
「かしこまった席」となることが通常です。

しかし、友人のみの披露宴では
思いっきりはじけることが出来るため
本当に楽しんでいるカップルが多いことが特徴です。

ご両親の意見も聞いてあげて
更に自分達の理想を叶えたいというカップルにとって
各回の予算を削っても、2回挙げる方が後悔がなく
そういった気持ちを反映出来るスタイルです。

2回の式宴で「ゲストが被らないようにする」等の
配慮も必要になる場合もありますが
被ってはいけないなどのルールは特になく
「両方来て欲しい」「どちらこというとこっちに来て欲しい」
などとお声がけしてもいいと思います。

「ルール」がないことも、新しい結婚式の特徴です。

費用に関しても、ご祝儀制・会費制を選べることも多く
カップル・ゲスト、全ての参加者の負担が
少しでも減るようにできるサービスも増えています。