節約ウェディングの基本

結婚式を挙ようか・・・

どうしようか・・・

そういった、挙げる・挙げないで悩んでいるカップルの方々が抱える

「一番の悩みの種」は・・・

お金

ですよね?

実際に結婚式を挙げたカップル

だけでなく、

結果的に諦めることになってしまったカップルも含め
結婚式の話題を進めるにあたって、一番悩むことはお金にまつわることのはずです。

一世一代の晴れ舞台でも、一番問題なのはお金なんですね、、、

実際どのくらい費用がかかるの?

一般的なリアルな結婚式費用としては

200万円台から500万円台

かなり幅がありますが、こればかりはカップルそれぞれです。

結婚式のために、2人で節約に励んでいる方もいれば
なんとなーく、かかったお金を、かかった分支払うカップルもいます。

中には「1000万円以上」かけるカップルも、稀にいらっしゃいますがかなり特殊な例です。

ちなみに、桁の違うお金かけられるカップルというのは
ほとんどの場合、親御様からの支援を受けています

しかしながら、

このサイトでは「自分達の力」で、結婚式を挙げたいとう方を応援します。

自分達のことだけでなくゲストのことも考える

現在では、自己資金をかなり抑えての結婚式を可能ですが
ゲストの方は「ケチったな」ということはスグに気づきます。

ステキな一日、ステキな思い出にするためには
ゲストも喜んでいただくというのが一番大事なのです。

このパートでは様々な角度から、コストパフォーマンスの優れた手段を紹介し
ゲストの方に失礼のない結婚式を挙げるための、アドバイスをしていきたいと思います。

「格安ウェディング」でお金の心配をせずに結婚式を挙げる

まず最初に、最も手軽な「最初から全て節約が前提の手段」として
「格安ウェディング」と呼ばれる、新たなスタンダードが存在します。

昨今では全く珍しいものではなく、徐々に・着実に地位を上げ続けているものです。

格安ウェディングの仕組みを簡単に紹介すると・・・

時期・時間を通常よりずらしたり(会場の都合のいい日)
必要のないオプションを徹底的に省くことにより、結果的に「総費用」を抑えます。

具体的には

  • 「仏滅」などの、相応しくないとされる日
  • 少し遅い時間や、お昼前などの早い時間
  • ドレスやアクセサリーの品質を落とす
  • テーブルの造花や会場の装飾を減らす
  • ドリンクオプションの制限

などが挙げられます。

ただし、利用者が急増し「流行って」はいますが
この「格安婚」には、良い面と悪い面の両方があります。


結婚式のハードルがをより低くした

まず、今まで結婚式をやりたくてもできなかった層のカップルも
結婚式ができるようになったことは、非常に大きな影響を与えました。

結婚式数減少に困っていた会場にとっても喜ばしい事です。

しかし一方で「どう見ても安っぽい」という、悲しい結果になってしまうカップルもいます。

従来の「ブライダル価格」が是正され、健全な方向に向かうのはいいことです。

しかし、安く済ませるというのが先行してしまい
ゲストやお2人に不満が残ってしまうという事例も見られます。

そうは言っても、格安結婚式をうまく使うことによって
カップルのお二人も、ゲストも満足するような、挙式・披露宴にすることは可能です。

やり方次第なのです。

また格安ウェディングには、「格安ウェディング専門会社」と
「リーズナブルな仲介サービス」を利用することの、2つの方法が存在します。

まずはできるだけ多くのブライダルフェア・相談会に参加して
比較してから「納得のいくスタート」を切りましょう。

基本的に無料なので、お金のことは気にせずデート気分で参加してみましょう。

格安ウェディングは、今急激に進歩しています!!!

ぜひ「相談」だけでもしてみましょう。

 

格安ウェディングのいいところと注意点>>

 

>>>格安ウェディング解説の専門サイトへ<<<