結婚式までの期間

結婚式までの「準備期間」の長さとしては
平均して「約半年~10ヶ月」の方々が多いようです。

これは会場を決めて、打ち合わせを開始してからの日数です。

早い方は「1年以上前」から準備されていて
その間2回のブライダルフェアを経て、というカップルもいらっしゃいます。
(通常の会場では大きなブライダルフェアは年2回あります)

また会場を決めた後にも、他の会場のブライダルフェアや
会場見学に参加されるカップルもいます。

しかし、ある程度内容が決まった段階での
会場の変更はキャンセル料がかかることがほとんどなので
打ち合わせが進んでしまっている場合での変更は

絶対にやめましょう

隣の芝は青く見えるものです。

その分、「決定するまえまでに」できるだけ多くの
会場を見学する機会を設けて
後悔しない会場選びをしましょう。

結婚準備の過程はブログのコーナーでも解説しています

「ベストな」準備期間はあるのか




時間をかければかけるほど、
「納得のいく」式になるのは間違いありません。

しかし、「モチベーション」を保つのもなかなか大変であり
期間が長すぎると不満なども出やすくなり
うまくいかなくなってしまうカップルもいます。

そう考えると、「8ヶ月前後がベスト」なのかなと思います。

>>結婚準備をブログ風に本格シミュレーション

結婚式は「やること自体」の決定から
「内容の決定」まである程度の勢いも必要です。

また、式までの時間が限られている
「授かり婚」のといった方や、日々忙しいカップルに

ぴったりの仲介会社・プロデュース会社も増えてきています。

従来では、いわゆる「できちゃった結婚」のカップルは

結婚式をあきらめたり、「出産してから1年後位」を
目安として「遅らせたり」していましたが
こうした業者や、準備期間の短いカップル用の
プランを設ける会場も増えてきました。

早めに・力を合わせて準備する

準備期間は長ければいい、短いとだめということはありません。

ただ、早めに始めることに越したことはありません。

そしてその際に、必ず「2人で力を合わせて」進めましょう。

新婦一人の打ち合わせを5回するよりも
新郎新婦揃った1回の打ち合わせの方が、何事もスムーズに決まります。

まずは、2人で納得のいく会場選びから始めましょう。

>>結婚式までに準備しなければならないことを整理する