手軽に最小限の出費で美しい花嫁を目指す

「一生に一度」

使い古されたフレーズではありますが、新郎にとっても、新婦にとっても
またと無い晴れ姿を披露する、一度きりの機会であることは事実です。

そんな「究極に特別な1日」を
「人生最高の姿」で
迎えたいと思うのは当然です。

またお父様・お母様にとっても、今まで大切に育ててきた娘の
もう見ることは無い、花嫁姿を楽しみに「期待」しているはずです。

その他のゲスト、特にご友人にも
「自分だけ」を見てもらう、「褒めてもらう」機会は
今まで経験したことは無い(少ない)はずです。

美しい花嫁の準備は、時間とお金がかかる?

緑の知恵

「お手軽に」とはしていますが、体を変えていくためには
「時間」がかかってしまうことは仕方が無いものであり

「手軽だからこそ」

早い段階から準備していくことが大切です。

そして、「ある程度のお金」がかかる場合もあり
お財布(予算との兼ね合い)が大切になってきます。

そこで、このページでは
なるべくお金をかけずに、できるだけ美しい姿に変身するための
「コストパフォーマンスの高い」変身計画を立てていきたいと思います。

節約ビューティーへの道

低価格計画を紹介する前に、「花嫁の美」に関わる
「お金がかかってしまう」要素について紹介しておきます。

まず、花嫁準備の中では最もメジャーであり
多くの女性が憧れる「エステ」に関して、結婚式を「キッカケ(言い訳)」に
「ブライダルエステ」に行く方は非常に多いです。

やはり、行くのと行かないのとでは当日の姿は全く違います。

エステも、ブライダルフェア割引などと同じく
しっかり予約(ネット予約)してから訪問することで
お得になったりするパターンもあるので、行くとしても

必ずネットでチェックしてみてから訪問しましょう。

「お試しコース」などもあり
ここぞというパーツだけを施術しても貰うこともおススメです。


「見られる部分」だけ

披露宴での新郎新婦の席である「高砂」には
「ピンスポ(ピンポイントスポット)」と呼ばれる強烈な照明が当てられます。

これは、「美しく見せるため」の工夫でもありますが
かえって「見やすく」なってしまい、肌質も分かりやすくなってしまいます。。。

このような例から
「見える部分だけでも綺麗に取り繕う」ことが

キーポイントになります。

見えている部分だけ綺麗であれば、1日はごまかせます。

そして、ゲストの目に触れる
「1日中見えている部分」はというと・・・

  • うなじ・首筋
  • 胸元
  • 背中
  • 二の腕
  • 脇の下

以上の5箇所に絞ることが出来ます。

うなじ・首筋

うなじや首筋は、普段あまり思い切り露出する部分ではなく
自分でも、他人も目にする機会が少ないものですが
新婦のヘアスタイルは基本的に「アップ」です。

普段隠れていたものが、メイクリハーサルの日に
もしくは当日になって発覚することもあるため今スグチェックしましょう。

この部分は、「今まで気づかなかった」デキモノが
できていることが多く、傷つけないように
優しく洗って清潔にすることでしか解決できません。

普段、髪の毛で蒸れていることが原因であるため
まずは清潔に保つこと、皮脂などの原因となるものを
焦らずゆっくり、優しく除去していくことを心がけましょう。

当日の練習として、アップにして過ごすのもおススメです。


胸元

「デコルテライン」と呼ばれる、正面の首筋から胸元は
特に1日中正面から見られる、「1番目に付く」部分です。

よって、1番集中してケアしておきたい最重要の部分です。

この部分で、特に気になる要素が
「シミ・そばかす」「ニキビ」等の「デキモノ」であり
日焼けの後(直前に焼いてしまう人は少ないと思いますが)は
短期間では解消できないため、エステに通う女性も多いです。

ある程度の期間を使って専用のクリームなどでも解消できるため
コチラも時間が残されているのであれば

自分でケアすることをおススメします。

胸元を綺麗に見せる特におススメのアイテム

背中・二の腕・脇の下

背中と二の腕、特に背中は
普段自分でもケアが行き届かない部分です。

挙式までは、ベールによって隠れていますが
披露宴では「ベールアウト」しているため
乾杯した後の「歓談」から高砂に寄って来る
ゲストの芽に目に触れることになります。

個人的にも、一番気になる部分です。

「気づいてないのかな?」「直前になっちゃったのかな?」
というような、特に目立つ新婦も多く絶対にケアするべきです。

背中を綺麗に見せるために特におススメのアイテム

背中の「ニキビ跡」にはコチラ

また、結婚式を挙げるにあたり

「脇の下」に油断している人は少ないと思いますが
沈着している黒ずみは、なかなか取れないものであり
短期間で除去するためには、エステよりも専用アイテムを
自分で使用した方が効果的な場合も多いです。

二の腕にも波及している汚れもあり
結果的には、両手を「大の字」に開いた歳に
バストから上にくる部分は全てケアしておく必要があります。

とにかく「早く」始める

様々なポイントやアイテムを紹介してきましたが
何よりも大切なことは、「早めに」始めることです。

急激な体の変化は、体調面などでも危険が伴いますし
間近に迫った状況では、焦りも出てきます。

「あきらめて」「即効性のある」エステに続けて通うなど
結果的にお金がかかってしまいます。

なるべく早い段階で、このページを参考に

始めてもらえれば、「結果的に」節約にもなるはずです。

↓ ↓ 今チェックすべき「花嫁におススメ」のアイテム ↓ ↓








↓↓「エステ」「脱毛」を考えている新婦様は以下の2社がおススメ↓↓
ミュゼ